12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-03-24 (Thu)
ワンコプードルいらっしゃいませ 




ママたんがね、お友達(わちきと同じ名前のcocoaちゃん)のお友達経由でこんな記事を見つけましたの。

ちょっと長文ですけれど。

飼い主の心得が書かれておりますの。





読んで損はないですのよ

IMG_0106-cocoa.jpg 




以下転記。




【再掲】地震や洪水のとき、愛犬はどうなるの? 
地震大国日本でペットを守るための絶対ルール (日刊サイゾー)


※当記事は、東北地方太平洋沖地震の発生にあたり、サイゾーの過去の記事から再掲載しています。


 
阪神・淡路大震災(1995年)、三宅島の噴火(00年)、新潟県中越地震(04年)など、過去に起きた災害時には、人間だけではなく多くの動物たちも被災した。だが、実際にいざ自分が被災し当事者になったら、自分の飼っているペットはどうしたらよいのか、具体的な対応策を知っている人は少ないのではないだろうか。ただでさえパニックになりがちな災害時において、飼い主である人間は、正しい行動が取れるのだろうか──。

 そこで、前述の災害時などで動物の救済活動に携わってきたひとり、獣医師の山口千津子氏(社団法人日本動物福祉協会)に「災害時のペット」の現状と防災対策について話を伺った。

「私たちは、阪神・淡路大震災以降、『緊急災害時動物救援本部』(日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会、日本動物保護管理協会、日本獣医師会によって組織)の被災地における動物救護本部設置の手伝いをはじめとする動物の救援活動をしてきました。これは、行政、獣医師会、動物愛護団体が一緒になって行われているもので、この取り組みの積み重ねにより、最近になってようやく、災害時のペット避難対策を具体的に検討する自治体が増えてきました。ペットの同行避難に対する理解も広がってきており、私たちは、まず、災害時には飼い主によるペットの同行避難を呼びかけています」

 災害に巻き込まれたペットは、被災地に置き去りにされたり、飼い主不明のまま保護される迷子も少なくない。迷子になれば、火災や事故に遭う危険性も出てくる。

とにかく同行避難さえしていれば、餌の支給、物資援助、獣医師協力もあり、ペットの受け入れができない避難所の場合でも、一時的な預りを行う上記の救護本部などに依頼すれば、安全を確保することができます。ですが、もし、同行避難せずペットを置き去りにした場合、たとえ後日迎えに帰るつもりだったとしても、その地域が立ち入り禁止地区になったら、迅速な救助が困難となります。有珠山の噴火の時(00年)は、危険地域に置き去りにされた動物たちのために、自衛隊や警察・消防などに協力を要請し、飼い主に代わって餌やりや保護活動を行いました」(同)

 もっとも、同行避難後も、大きなダメージとストレスに加え、プライバシーのない避難所での共同生活では、隣人への配慮が必要不可欠だ。動物の無駄吠え、かみつきなどの問題行動は、隣人トラブルの原因となる。また、不十分な健康管理やワクチン不接種の動物を持ち込むことで、感染症などの新たな問題も起こしかねない。

「家族の一員であるペットの命を守ることができるのは、飼い主だけです。このことを自覚し、正しい知識と責任を持って、日頃からしつけや健康管理などを行うことが何よりも大切です。また、それが飼い主自身の心の支えにもなります」(同)

 災害時に限らず、一番必要なのは、「ペットのしつけ」ではなく、「飼い主のしつけ」なのだ。最後に、ペットの防災対策に有効なポイントを簡単にまとめてみたので、飼い主のみなさんはぜひ実践していただきたい。
 


[ペットの防災対策]

【1】健康管理(=ワクチン接種、定期健康診断、病気の治療)

【2】しつけ(=人間社会への適応)

【3】避妊・去勢(=みだりな繁殖や問題行動の防止)

【4】鑑札や迷子札、マイクロチップ(動物の個体間識別を可能にする電子標識器具)の装着(=飼い主の所在明示による迷子の防止)

【5】同行避難時の非常袋(フード、水、薬、リードなど)の準備

【6】飼い主の情報、ペットの健康状態、病歴などをまとめた情報手帳の携帯


(文=小林未央/本記事は「サイゾー」2008年9月号掲載のものを再構成したものです)







ママたん!しっかりわちきを守ってくださいですのよ

IMG_0108-cocoa.jpg 




今日は文字が多くてごめんなさいですの。



ライン丸


ランキングに参加中。
一日一回クリックにて応援よろしくですの~♪


クリック1 
ポチっと

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Theme : わんことの生活 * Genre : ペット * Category : わんこ
* Comment : (36) * Trackback : (-) |

* by ミルパパママ
mikuroさんへ
そうだよね、今回の災害で色々考えました。
家は3匹になったので、避難が大変です。
でもスリングに入れて、犬のフードなどは持って行けるのか?
その時にならないと判らない疑問は色々と
あります(^_^;

* by みじょみじょ
そうよね!守れるのは飼い主だけだものんね!
「とにかく同行避難さえしていれば・・・・・」知らない人もいるかも
連れて行けないものと諦めてる人多いかも!
こう言う活動があって心強い!
改めて自分がしっかりせねば!!

ココアちゃんトリミングしてきたのかな!

* by ココ
多頭となるともっと大変で
余震が続く今も心配でたまりません。
必要なものは玄関に準備したけど、
予備のリードや情報手帳はこれから用意したいと思います。
どんな状況下であれ、置いていくなんてできない...

* by ゆっち
ねねと二人暮らしだから
私がしっかりと守ってやらねば!
じっくり記事読んだよ!
とっても為になったわ。ありがとう♪

* by ゆうこママ
参考になりました。
ありがとう!
普段からのしつけって大切なのね・・
姫さん、昨日も病院でワンワンしてた。(汗)
うちは基本的なことから見直さなくちゃ。

mikuroちゃんへ * by 桃ママ
パニックに陥らないようにって言ってもきっと無理なことだと思うわ。
こうやってしっかり防災の心得を知ってるとパニックの中でも違うもんね。
ありがとう♪
もういっぺん読んで帰るね

管理人のみ閲覧できます * by -

* by はっぴぃ
④⑤⑥、まだできてない~(>_<)
早く迷子札作らなきゃ~って思いつつなかなか注文できずにいます。
めっちゃ参考になりました~!

* by じゃみん
よっしゃ、心得ます!

* by とも
おっ!これはすごい!

ためになったね~♪♪
ためになったよ~♪♪(By:もう中学生)

迷子札、付けてないのよね~
みなさん、普段、お家に居る時から、
首輪してるのかしら??(>▽<;;
パニックになって慌てたら、
首輪もリードも、全部忘れそう!!

あ・・・それに、うち手作りご飯だよ~
フードも何か買っといた方がいいかな~?

ためになった3ポチ♪

管理人のみ閲覧できます * by -

* by たんぽぽ
そうそう。
犬のしつけじゃなくて人間のしつけなんですよね。
私もトレーナーさんによく言われました。

避難所でも迷惑かけることなく過ごせるように、
私も努力しなきゃ!

* by キキコ
ほんとそうですよね。
有事のさい、一緒に避難するときも。
普段のときでも。
きちんとしつけをして。
他人さまに迷惑をかけないように。
しみじみと思いました。
共存共栄していかなくっちゃね。

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 飼い主さん
こんにちは。
この記事、いいですよね。
たくさんの人に読んでもらえるといいな。

* by ティクレア
いざというとき。。
ワンコが側にいたらもちろん一緒に避難を。。
仕事で留守にしていたら
必ず家に戻りワンコを。。と思っていますが
もし建物が壊れて
ワンコが外に出てしまったら。。
今回の震災で迷子札を付けて
瓦礫の中をさまようワンちゃんの映像を見て
我家も
迷子札はいつでも装着しようと思い
現在迷子札を検索中です!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ふみふみ
そっか、そもそもウチはココアを置いて逃げるなんてこと考えてないけど、置き去りにするとあとから保護するのが大変になるんですね。
でも外飼いだったり、大型だったり、多頭飼いだと連れ行くのに躊躇してしまうのかもしれませんね。

ペットを災害から守るためにも、必要なのは日ごろからの備えってことですね。
避難所での共同生活では、やっぱり動物が怖い人にとっては迷惑をかけてしまうだろうし。
みんなに愛される子にしなくては・・。
もしそれが無理なら…うちは車が大きめだから、車に非難すると思います。
餌やリード、迷子札、予防接種や避妊…もしもとのときをシュミレーションして、どうしたら良いのか、いつも考えておかなくてはいけないですね。

* by wool&aroa
大変ためになりました!
うちはしつけの面が・・・(>_<)
もし避難所生活になった時
2匹ともワンワン吠えまくって大迷惑をかけそうです!
これからしつけの見直しします!
迷子札も必要不可欠ですね!

* by めぐ
mikuroさん
記事の内容
とっても参考になりました。
ペットのしつけではなく
飼い主のしつけなんですね。
今回のことで本当に色々と考えました。
守ってあげられるのは
飼い主なんだということを
ちゃんと考え
日々過ごしていかないといけないですね。

* by Fueママ
参考になりました。
Fueをおいて自分だけが避難するなんて
考えられません。
Fueも意味なく 吠える事があるので
もう一度 しつけを見直さないとだめかも?
Fueと私達のため 頑張ります!

* by へっぽこ丸
うんうんなかなかの長文
ごもっともなお話だ
いざとなったらどうなっちゃうかわかんないけど
後悔するような飼い方だけはしたくない
知っておいた方がいいお話ありがとう

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

* by つぼみ
参考になりました、ありがとうございます。
職場でもどこでも私の代わりになる人は
たくさんいる。
でもこの子たちにとって私の代わりは誰もいないんですよね。
だから人間社会に溶け込むトレーニングは必要だと思いました。
ペット同伴での避難所の生活ができるのが一番いいですよね。
そういう日が来ないのが一番ですけど、未来のことが分からないので心構えは必要ですね。

* by nami
ペットの防災対策、為になったよ~!
テレビで見る避難所の映像で、犬も一緒の所を見るとホッとします。
でもその一方で泣く泣く置いていったという話も聞きますよね…。
いざという時にどうゆう行動が取れるのか
普段からシュミレーションする事も大事だなって
最近つくづく思うようになりました。
とりあえずリードと抱っこ紐だな☆



* by トイプードルのふぅ
ショーンです
今日はふぅの抜歯でした
無事に施術は終わり、麻酔からも順調に覚めて
さきほど帰宅し、バクバク食って爆睡中です
一安心・・・

今夜は足あとだけでごめんなさい
この記事、ゆっくり読みにきます

* by cocomama
避難所をあとにする飼い主が
わんちゃんを放棄して
出て行ったために
野犬化したわんちゃんが
増えてるんだってね
信じられないよォ。。。
改めて飼い主のモラルを
問われるわね

mikuroちゃん
カワー迷ってるの~?
(○゚ε゚○)プププー
どれとどれ??

明日は久しぶりに
納品がてら息抜きしてきやす♥♥♥

* by まろんパパ
そうだよね~
飼い主の責任で、しっかり守ってやらないとって思います
被災地・避難所ではいろんな問題にもなってるみたいだね
まだまだ肩身は狭いょ

* by くみちゃ
そうそう
今回の地震で、結構心配だったのが
ちょうど3月でしょ??
狂犬病とか、フィラリアとか
そういう健康衛生面が心配だったのよ…
あちらの方は寒いから、フィラリアやノミダニ発生は遅いかもしれないけど
でもいつまでも放っておけないよねえ…

* by のん
なるほど・・・本当に情報は助かります。
我が家も今回の揺れで1番にアンジュを抱かかえました。
その事帰宅した主人に言ったら、もし地震が来たら
実際ペットはどうしたらいいのか
考えちゃったもんね・・・
アンジュも大切な家族だもの・・・(#^.^#)

管理人のみ閲覧できます * by -

* by はやて
私は今回、はやてを連れての帰仙では無かったので、
不幸中の幸いでした。
被災している現地のペットも大変ですが、もしはやて
を連れて行っていたら・・・
ご飯も水も、何も無いですよ!!
これから外出する時は、たとえ近くであっても考えな
ければと思っています。
大変だと言っても、人間の為の物資は配られますが、
ペットの物資はありませんから。

* by ゆうこママ
あれ?更新前に来ちゃいました。
出直しま~す。

* by れおんパパ
ペットと避難、飼い主としては一緒にいたいですよね。
でも避難所は立場によって見方も違うことを、良く理解したいです。
いい転記記事ですね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する